埋没法と切開法

エステティシャン

それぞれの特徴や施術前の準備

まぶたの形を変えると人に与える印象も大きく変わってきます。それ故に、ぱっちりとした二重まぶたに変えてみたいと願う人が多いのかもしれません。現在多くの美容整形外科クリニックでは二重まぶた手術が行われていますが、大きく分けると埋没法と切開法とが存在します。埋没法とは、糸で留めてまぶたのラインを形成する方法です。これは美容整形外科で行われる施術の中でも、人気の手術として注目されています。埋没法はダウンタイムが短くて済み、腫れや出血を最小限に留めることが可能です。糸を外せば元に戻ることから、再度カウンセリングを受けることで別の新しいラインを形成させることもできます。気になる費用については、数万円から10万円程度で施術が受けられるクリニックが多いです。一方切開法とは、メスを使用して二重まぶたを形成していきます。埋没法と比べるとダウンタイムは長くなる傾向ですが、その代わりに自由度の高いラインを作ることが可能です。また埋没法とは異なり、後戻りのリスクがないことも利点の1つです。切開法の費用相場は、施術するケースによって価格幅が大きくなっています。簡単な施術であれば10万円前後で済みますが、脂肪や皮膚の切除などが伴うと数十万円かかることもあります。いずれにしてもカウンセリング時の話し合いは重要です。

目元の印象を大きく変えてくれる二重まぶた形成術。ぱっちりした華やかなラインやナチュラルなラインまで、人によって希望する二重の形は様々です。憧れの二重まぶたにするためには、美容整形外科クリニックで形成術を受ける必要があります。美容整形外科というと、メスを使って手術するイメージを持つ人が多いですが、埋没法のように施術内容によってはメスを使わないこともあります。もちろん費用も施術内容によって異なり、埋没法では10万円前後、切開法では10〜数十万円と幅があります。いずれしても安くはない費用でるため、お金を貯めてから施術を受けた方が無難です。ところでカウンセリングを行って、いざ施術を受けるという段階まで進んだ場合、施術当日まで何を準備すれば良いか気になる人も少なくありません。ポイントは施術後のダウンタイムを少しでも短くするために、体調を整えておくことです。具体的には体がむくんでいると腫れが出やすいので、むくみ対策を行うことが肝要です。例えば水分が不足していると、体は少しでも水分をため込もうとする性質があり、むくみにつながります。そのため、水分補給をしっかり行って予防すると良いです。またお酒を飲みすぎることも水分不足につながるので、施術が決まったら飲酒は控えた方が安心です。

Copyright© 2020 相場からお金の問題を考えて自分に合った施術環境を選ぼう All Rights Reserved.