左右で異なる目元

女性

埋没法で切らずにデザイン

左右で異なる目元をしているという人が意外と多いです。人間というのは必ずしも左右対称であるというわけではなく、左右で微妙に違っていたり、大きく目元が違うということはよくあります。ただ、左右の目元のバランスの悪さは写真写りなどにも影響を及ぼしてしまいます。よくある悩みは、片方が二重でもう片方の目が一重という場合です。アイプチテープを使って二重にすることはできますが、毎日のこととなると少し面倒に感じる人も多いでしょう。そこでおすすめしたいのが、費用が安くて左右の目元のデザインを均一にすることができるプチ整形の埋没法です。安い美容整形外科にて施術を受ければ、片方の目元だけであれば1万円以下で施術を受けることができます。安い埋没法の場合、施術は一点留めの挙筋法になります。1箇所だけ皮膚を極細の糸で縛ることにより、二重のラインを作り出すことができる施術方法です。ただし、挙筋法には弱点があり、それは取れやすいということです。施術費用が安い代わりに糸が取れやすく、摩擦によって元の一重に戻ってしまうということを理解しておく必要があります。しかし、料金の安さを追求するのであれば、挙筋法が一番効率が良く、それでいてきれいに仕上がります。

埋没法が美容整形の中で最も需要が高い理由は、やはり費用対効果が高いという点に集約されます。ヒアルロン酸注射を使ったエイジングケアやノーズラインに注入して鼻の高さを出すプチ整形は、ちょっと変わったかな、という程度で自己満足の世界なので、周囲にあまり気づかれにくいです。しかし、せっかく整形をするのなら、少しは変化を楽しみたいという人が人間の本心です。その点、埋没法は一重から二重に劇的に変わり、それでいて仕上がりは不自然ではありません。それでありながら、費用は高くても10万円以下なので、コストを抑えながら目元を変えることができるのがメリットです。埋没法は二重にすることが目的なので、利用するのは一重の人ばかりとは限らないのです。例えば、左右の目元のバランスが違う人の場合、片方だけ施術を受けることができます。また、二重の幅というのはその次代によって流行があるので、はやりの幅広に二重ラインを整形することも可能なのです。このように、目元のデザインというのは埋没法という費用の安価な施術方法であったとしても自由度が高く、それでいて抜群の効果を発揮します。特に、若い女性の場合は目元がパッチリするだけで顔の印象が明るくなります。

Copyright© 2020 相場からお金の問題を考えて自分に合った施術環境を選ぼう All Rights Reserved.